距離

いつまで経っても
なかなか自分以外の人が愛せないでいる
家族に対しても、それ以外に対しても

いつからこうなってしまったのか

お母さんに怒られて
ベッドで泣いている時に
お父さんが隣で添い寝をしてくれるのが
とても嬉しかったのに
ある時から急に気持ち悪くなったのと
似た感覚。 
お父さん
私の反抗期が3年以上続いたりで
たくさん傷つけてしまったな、
お父さんごめんなさい。


誰でもある程度慣れた相手に
体を触られると払いのけたくなるし
まとわりつく言葉には嫌悪感を抱いてしまう

一定の距離を置いておかないと
好きなのに気持ち悪くなって
自分が自分で上手くコントロール出来なくなって
どうしようもない

こんなこと、みんなもあるのかな

でも、距離を置いたのは私なのに
向こうにそれを気づいてほしいけど
ほしくないし、離れられると
傷つけてしまったのかと反省をする 

疲れる、、、 


中学生の頃、すごく仲のいい友達がいた
部活も登下校もいつも一瞬で
落ち着いていてよく笑う可愛い子だった

友情は恋とも近いのではないかと
気づいたのは彼女といるようになってからだ

彼女が自分意外の子と仲良くしていたら
嫉妬したし、帰り道に喧嘩したら
無言でゆっくり歩いて距離を置いて
泣きながら帰ったりした 

友達にこんな思いを抱いたのは彼女だけだったけど、本当にごめんね


きっと私が今までで唯一愛せた人が
彼女だったんだと思う 人として

家族や他の友人よりも
誰よりも特別だった彼女とは
もう連絡もとってない

あれだけ3年間毎日一緒だったのに


孤独を感じるのが寂しくて、
人と一緒にいたいのに
一緒にいるようになると
気持ち悪くなるのでは
きっと、もう天涯孤独が
一番私にはあうのかもしれない。