苦手が増えてきたのはどこか悪いからなの

かは、分からないけど、
とりあえず今は自分すら
儘ならないのもある

ベックの本を
図書館の床に座って読んだ。
なぜか人がたくさんいて
椅子が空いてなかったから。
床に座って読むのは椅子に座るよりも気軽だった。
ベックの言葉で
自分がどんな物を作ろうとも
必ずそこには自分だけのセンスがある。
みたいなことが書いてあった。

ベックはまだ死んではいないけど、
昔からいい人ほど早く死ぬと
お母さんが言っていた。
中学3年の時の担任の先生が
持病で亡くなったとき、
亡くなった1年後くらいにその事をしった。
生徒指導を受け持っていて
厳しい顔をしたり、笑顔をしていたり
忙しそうな人だった。
ある日から先生が指輪をしてこなくなって、
たちまち離婚したと騒ぎになって
家庭では横暴だったのかもしれないとか
勝手にみんな噂して
先生が亡くなったと聞いた時、
私は先生が1人ぼっちな人で
居なくなってしまったことに
泣きそうになった。
人はみんな1人だというけど、
それは違うのだと理解した。
先生のことが苦手で、
進路相談をいつも別の仲の良い先生に
頼んでいたけれど
1回くらい先生にしてもらえば良かったと
後悔もした。

ベックは自らのライブで、
スローな曲を披露した。
パンクを求めてやってきた彼のファンは
動揺し、彼に酷くクレームを投げた。
そんな中でもベックはスローな曲を
歌い続けた、と本であった。
まるで先生のようだと思った。
先生をかっこいいとは言えないけど
ベックをかっこいいと思った。
だから同じことなのだけど。 



いい人は残された人を
どう思っていたのだろう。


晴れた天気は肌に悪くて
今まで治っていた右頬の荒れが1年明けて、再発した。
まるで、私は日差しを浴びると干からびる
蛞蝓のようだと思った。


人の居ない空気が好きだ、
人の居ない教室で外の景色を眺めて
時間が過ぎるのをただひたすら待ってる

そろそろ梅雨がくる
蛞蝓はスラスラとメラメラ綺麗な足跡を残す

残された跡を迷路の様だと思った。